公正証書遺言

弁護士 加島 光(名古屋市中村区/あま市、大治町、津島市)|公正証書遺言
  1. 弁護士 加島 光 >
  2. 遺言・相続に関する記事一覧 >
  3. 公正証書遺言

公正証書遺言

公正証書遺言は、民法で定められている遺言の普通の方式3種類の中の一つの方法です。

■公正証書遺言の方法

公正証書遺言によって相続するためには、

①証人が二人で立会いをすること
②遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること
③公証人が遺言者の口授を筆記すること
④公証人が筆記したものを遺言者および証人に読み聞かせまたが閲覧させること
⑤遺言者および証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自署名・押印をすること
(遺言者が署名することが出来ない場合は、公証人の付記と署名に代えることができます)
⑥公証人が、証書が方式に従って作ったものである旨を付記して署名・押印すること

が必要です(民法969条)

■公正証書遺言の特徴

この形式は、遺言の作成にあたって、2名以上の証人の立会いを必要とするのが特徴です。

しかし、公証人に依頼することが必要になるため、作成費用が他の方法と比べ高額になってしまいます。
また、その手続きも少々複雑で、自筆証書遺言よりは難易度が高くなります。

しかし、公正証書遺言の大きなメリットは紛失しても再発行でき、変造の可能性もないことです。
また、家庭裁判所での検認も必要なく直ちに遺言の内容を実行でき、公証人が作成するため、無効な遺言書となる可能性も非常に低くなります。

それゆえ、公正証書遺言は、遺言によるトラブルを最小限に抑えることに主眼を置いている方に向いているといえるでしょう。

加島法律事務所では、名古屋市、あま市、津島市、尾張旭市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県等で、遺言書作成、遺留分減殺請求、成年後見人、相続放棄、遺言執行など、様々な相続問題全般についてご相談を承っております。
相続についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

弁護士 加島 光が提供する基礎知識

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、相続そのものを放棄し、一切の相続財産の承継を放棄する...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償は、交通事故の加害者が負う民事上の責任です。 損害賠償に...

  • 遺贈

    遺贈

    遺贈とは、遺言によって財産を無償で譲渡することをいいます。 遺言に...

  • 相続登記・名義変更

    相続登記・...

    相続登記とは、家などの不動産といった所有権などの権利が相続によって...

  • 遺留分の計算方法、遺留分侵害額請求権の行使とは?

    遺留分の計...

    ■遺留分とは 遺留分とは,兄弟姉妹以外の相続人について,その生活保...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流は、離婚により別居することになった親と子供が、直接会ったり...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故は、人が怪我をしなかった事故です。 物損事故には注意しなけ...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚は、家庭裁判所の調停委員会を夫婦の間にたてて交渉することで...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    住宅ローンも財産分与の対象となります。 ■借金の分割はできない ...

弁護士 加島 光の主な対応地域

愛知県名古屋市、あま市、津島市、愛西市、弥富市、海部郡大治町、蟹江町|岐阜県|三重県

ページトップへ