取扱業務・取扱分野/弁護士 加島 光(名古屋市中村区/あま市、大治町、津島市)

弁護士 加島 光/交通事故、遺言・相続、離婚
  1. 弁護士 加島 光 >
  2. 取扱業務
弁護士 加島 光の取扱業務
交通事故
交通事故は、注意していても被害者や加害者となってしまう場合があります。

交通事故の被害者となった場合、以下のような問題が発生する可能性があります。

■示談交渉
加害者が任意保険に加入している場合、ほとんどのケースで加害者側が保険会社の示談代行サービスを用いるため、保険会社の担当者と被害者側が交渉を行うことになります。保険会社の担当者の多くはさまざまな示談交渉を通じて交通事故に関する知識や交渉術を蓄積しているため、被害者自身が交渉に立った結果、不当に示談金額が下がってしまうことも少なくありません。
そのため、示談交渉の段階から弁護士に依頼することがおすすめです。

■損害賠償請求
交通事故の損害賠償には、治療費やお葬式の費用などの目に見える費用について発生する財産的損害と、交通事故によって受けた精神的苦痛に対する精神的損害の2種類があります。弁護士に依頼した場合、弁護士基準を用いた交渉を行うことができるため、事故の被害に対して正当な損害賠償金を受け取ることができます。

■過失割合
過失割合は、警察ではなく、相手との話し合いの中で当事者同士が決めていきます。そのため、交渉が難航し、しばしば裁判にまで発展することもあります。損害賠償額の算定の際にも過失割合は重要となるため、ご自身で交渉する前に弁護士に依頼することをおすすめします。

■後遺障害等級認定
交通事故によって後遺障害を負った場合、どの後遺障害等級に認定されるかで、慰謝料や治療費が大きく変わります。症状固定の判断や診断書の作成にも交通事故に関する豊富な知識がある弁護士が関わることで、後遺障害等級をの正当な認定に向けて働きかけることができます。

加島法律事務所は、名古屋市を中心に、あま市、津島市、尾張旭市などの愛知県内はもちろん、岐阜県、三重県で広く活動しております。
交通事故や、遺言・相続、離婚問題でお悩みの方は、加島法律事務所まで、お気軽にご相談ください。
遺言・相続
人ひとりが関与する財産というのは、想像以上に大きいのものです。

相続や遺言は、被相続人(亡くなった方)がかつて所有していた財産をどのように相続人の間で分配するのかということに関係します。そのため、相続については遺産の分割の内容や、相続方法の決定においてトラブルになることも十分考えられます。

また、遺言については、そもそもその遺言が本物か、遺言が法律に従った有効なものといえるか、他にも有効な遺言が存在している等、その効力を巡って争いになることも多いです。

このようなトラブルを未然に防ぐためには、相続について前もってよく知っておくことや、相続に詳しい弁護士などの専門家に相続の手続きを依頼することが重要です。また、トラブルが発生した際には、早めに弁護士へ相談することが必要となります。

加島法律事務所では、名古屋市、あま市、津島市、尾張旭市を中心に、愛知県・岐阜県・三重県等で、相続・遺言、遺留分減殺請求、成年後見人、相続放棄など、様々な相続問題全般についてご相談を承っております。
相続についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。
離婚
結婚と同様に離婚は法律上の手続きです。
したがって、離婚届を提出するだけでなく、解決しておかなければならない問題がいくつもあります。
それらの問題を考えずに離婚すると、後になってもう一度話し合ったり、調停や裁判を起こしたりということになりかねません。

■離婚にはお金の問題がつきもの
離婚には、お金の問題がつきものです。
慰謝料や財産分与など、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
慰謝料とは、精神的損害についての損害賠償です。相手に心を傷つけられた場合に支払ってもらえるお金のことをさします。
財産分与は、夫婦二人が築いてきた共有財産を離婚時にそれぞれのものへと分割することです。退職金や住宅ローン、厚生年金なども財産分与の対象となります。
これらお金の問題を全部一人あるいは夫婦二人で解決することは難しいときは、弁護士など専門家へ相談しましょう。

■子供のことも考えなければならない
未成年の子供がいる夫婦が離婚する場合には、子供のことを第一に考えてあげる必要があるでしょう。
子供の養育費だけでなく、面会交流などについて夫婦でしっかりと話し合っておく必要があります。

加島法律事務所は、名古屋市を中心に、あま市、津島市、尾張旭市などの愛知県内はもちろん、岐阜県、三重県で広く活動しております。
交通事故や、遺言・相続、離婚問題でお悩みの方は、加島法律事務所まで、お気軽にご相談ください。
クレーム・不当要求
個人事業主や法人に関係なく、ビジネスの場面では、取引先や消費者などからクレームを受けることがあります。

そうしたクレームに対応する場合、まず気を付けなければならないのが、正当なクレームかどうか判断することです。中には、過剰な不合理で過剰な要求(不当要求)をつきつけてくるものもありますが、そうした悪質なクレームと混同し、正当なクレームに対して不十分な対応をしてしまうと、裁判や損害賠償と言った大きなリスクを負うことになってしまいます。

不当要求の事例には、こうした初期対応の不備の為に巨額の賠償金を請求されたケースもあります。また、昨今のインターネットの普及により、企業側に不備がなくとも悪質なクレーマーによって、デマが流布される可能性もあります。

こうした事態を防ぐためには、弁護士などの法律専門家が役立ちます。

クレーム対応を弁護士などに依頼することで、理不尽な要求に対して毅然と対応することが可能です。また、法律知識を活用することで、クレーマーによるデマの拡散などに対して法的措置を講じることも可能なため、クレーム対応の現場においては、非常に頼りとなります。

加島法律事務所は名古屋市を中心に、あま市・津島市・尾張旭市などで皆様からのご相談を承っております。
根拠のない言いがかりを放置してしまうと、現代では企業の信頼を損ない、事業経営に悪影響を及ぼします。
クレームの内容証明など、クレーム対応について疑問点などがある場合には、お気軽に当事務所までご相談ください。

弁護士 加島 光が提供する基礎知識

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流は、離婚により別居することになった親と子供が、直接会ったり...

  • 相続税

    相続税

    相続税とは、被相続人(亡くなった方)の財産を相続したときや、遺言に...

  • 審判離婚

    審判離婚

    ■審判離婚とは 審判離婚とは、離婚調停において夫婦間の合意が得られ...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人間に相続が生じ、共有となった相続財産につい...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    子供の養育費を負担することは、親の義務です。 ■養育費の負担義務...

  • 慰謝料(浮気など)

    慰謝料(浮...

    慰謝料とは、精神的損害についての損害賠償のことをさします。 すなわ...

  • 手切れ金とは

    手切れ金とは

    今回は、不倫の解消と手切れ金について見ていきます。 不倫などの不...

  • 遺言書の書き方

    遺言書の書き方

    ■遺言の書き方の種類 遺言書の書き方には、普通の方式として3つの...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故は、人が怪我をしなかった事故です。 物損事故には注意しなけ...

弁護士 加島 光の主な対応地域

愛知県名古屋市、あま市、津島市、愛西市、弥富市、海部郡大治町、蟹江町|岐阜県|三重県

ページトップへ