遺言 名古屋市

  1. 弁護士 加島 光 >
  2. 遺言 名古屋市
遺言 名古屋市に関する基礎知識記事や事例
  • 裁判離婚裁判離婚

    裁判離婚とは、家庭裁判所に訴え判決を得ることで成立する離婚のことです。 ■離婚裁判の前に離婚調停を起こす必要がある 離婚裁判を起こすためには、少なくとも一度離婚調停を申し立てていなければなりま...

  • 遺言書遺言書

    遺言書とは、遺言者の意思を紙に書き表したものをいいます。 ■遺言書の解釈 遺言の内容が一義的に明らかでない場合、遺言の内容を解釈する必要性が生じます。 遺言を解釈するにあたっては、遺言書の...

  • 調停離婚調停離婚

    調停離婚は、家庭裁判所の調停委員会を夫婦の間にたてて交渉することで、合意し成立する離婚のことです。 ■調停委員会 家庭裁判所の調停委員会は、2名の調停委員と裁判官から構成されています。 調停委...

  • 生前贈与のメリット・デメリット生前贈与のメリット・デメリット

    財産を配偶者や子供たちに遺そうと思った場合には、遺言などによる相続の他に生前贈与も有効な手段の一つです、生前贈与には、税の面や柔軟な財産承継を行う上でメリットがあります。一方でデメリットも存在し...

  • 慰謝料(浮気など)慰謝料(浮気など)

    慰謝料とは、精神的損害についての損害賠償のことをさします。 すなわち、相手の言動によって傷つけられた心を慰めるために支払ってもらえるお金が慰謝料なのです。 離婚時の手切れ金などではないので、注意...

  • 慰謝料慰謝料

    慰謝料とは、精神的損害についての損害賠償のことをさします。言いかえると、相手の言動により傷つけられた心を慰めるために支払ってもらえるお金が慰謝料です。 ■慰謝料の計算基準 慰謝料の計算基準は3...

  • 遺贈遺贈

    遺贈とは、遺言によって財産を無償で譲渡することをいいます。 遺言によって受遺者に一定の給付を成すべき義務を負担させる負担付き遺贈をすることもできます。 ■遺贈と生前贈与と死因贈与との違い 生...

  • 離婚と子供離婚と子供

    子供がいる夫婦が離婚する場合には、当然子供のことを無視することはできません。 子供の生活を第一に考えるべきでしょう。 ■親権について 未成年の子供がいる夫婦が離婚する場合には、子供一人につき一...

  • 相続放棄手続き相続放棄手続き

    相続放棄をするには、家庭裁判所に3ヶ月以内に申述して行います。 ■家庭裁判所での審判 相続放棄をする場合には、家庭裁判所に申し立てて審判を行う必要があります。 この審判では、以下の内容を確...

  • 遺言執行者遺言執行者

    遺言執行者とは、遺言の内容を実現する権限を有するものをいいます。 ■遺言執行者選定の必要性 遺言執行者は原則として相続人自身が行うことができ、必ずしも遺言の執行に際して遺言執行者を置かなけれ...

弁護士 加島 光が提供する基礎知識

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割とは、共同相続人間に相続が生じ、共有となった相続財産につい...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、傷害事故ともよばれる、人が怪我を負ってしまった事故を...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言書とは、遺言者の意思を紙に書き表したものをいいます。 ■遺言...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権は、親が子供と暮らせる権利ではなく、親が子供の利益を守るための...

  • 離婚問題

    離婚問題

    離婚には、多くの問題があります。 ■離婚は法律上の手続き 離婚は...

  • 財産処分・管理

    財産処分・管理

    相続した財産の処分・管理をする場合、気をつけなければいけないケース...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、相続そのものを放棄し、一切の相続財産の承継を放棄する...

  • 配偶者の居住権とは

    配偶者の居...

    ■配偶者居住権とは 配偶者居住権権とは、相続法改正によって新しく定...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍は、見落とされがちですが、子供にとって重要なもので...

弁護士 加島 光の主な対応地域

愛知県名古屋市、あま市、津島市、愛西市、弥富市、海部郡大治町、蟹江町|岐阜県|三重県

ページトップへ