審判離婚

弁護士 加島 光(名古屋市中村区/あま市、大治町、津島市)|審判離婚
  1. 弁護士 加島 光 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 審判離婚

審判離婚

■審判離婚とは
審判離婚とは、離婚調停において夫婦間の合意が得られずに調停不成立となったものの、家庭裁判所が下した審判により成立する離婚のことです。
審判離婚が行われる流れは、夫婦が離婚についておおむね合意しているものの、離婚時の条件で意見の違いがある場合や、夫婦の片方が離婚調停に嫌がらせ目的で出席せず調停がまとまらない場合など、家庭裁判所が離婚を認めた方が良いと判断した場合です。

■審判の法的効力
審判は、審判が下されてから2週間以内に当事者から異議申立がなければ、裁判の確定判決と同等の効力を持ちます。
逆に、2週間以内に当事者からの異議申立があれば、それがどのような理由であれ審判の効力は失われます。
2週間以内という期間はありますが異議申立のみで効力を失うために、効力としては弱いといえるでしょう。

■審判離婚の数
審判離婚は、その法的効力なども理由となり、実際にはほとんど行われていません。
離婚裁判に比べ費用が抑えられる簡易な手続きですが、あまり利用されていないのです。

加島法律事務所は、名古屋市を中心に、あま市、津島市、尾張旭市などの愛知県内はもちろん、岐阜県、三重県で広く活動しております。
交通事故や、遺言・相続、離婚問題でお悩みの方は、加島法律事務所まで、お気軽にご相談ください。

弁護士 加島 光が提供する基礎知識

  • 遺言の効力

    遺言の効力

    遺言の方式は民法によって厳格に定められています。この方式に従わない...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    公正証書遺言は、民法で定められている遺言の普通の方式3種類の中の一...

  • 遺贈

    遺贈

    遺贈とは、遺言によって財産を無償で譲渡することをいいます。 遺言に...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流は、離婚により別居することになった親と子供が、直接会ったり...

  • 相続税

    相続税

    相続税とは、被相続人(亡くなった方)の財産を相続したときや、遺言に...

  • バイク事故

    バイク事故

    「バイクで交差点に進入した際、右折車に接触されてしまった。人身事故...

  • 別居中の浮気は慰謝料請求できるか

    別居中の浮...

    ■別居中に浮気されたら慰謝料請求できるのか 別居中に相手に浮気され...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    子供の養育費を負担することは、親の義務です。 ■養育費の負担義務...

  • 相続放棄手続き

    相続放棄手続き

    相続放棄をするには、家庭裁判所に3ヶ月以内に申述して行います。 ...

弁護士 加島 光の主な対応地域

愛知県名古屋市、あま市、津島市、愛西市、弥富市、海部郡大治町、蟹江町|岐阜県|三重県

ページトップへ