相続 津島市

  1. 弁護士 加島 光 >
  2. 相続 津島市
相続 津島市に関する基礎知識記事や事例
  • 過失割合過失割合

    交通事故では、被害者にも落ち度があり、加害者が一方的に悪いとは断定できない場合があります。 交差点での事故などは良い例でしょう。 そういった際に使われるのが、過失割合や過失相殺といったキーワード...

  • 離婚と子供離婚と子供

    子供がいる夫婦が離婚する場合には、当然子供のことを無視することはできません。 子供の生活を第一に考えるべきでしょう。 ■親権について 未成年の子供がいる夫婦が離婚する場合には、子供一人につき一...

  • 損害賠償損害賠償

    損害賠償は、交通事故の加害者が負う民事上の責任です。 損害賠償にはその内容により大きく分けて二つの種類があります。 財産的損害と精神的損害です。 ■財産的損害 財産的損害はさらに、積極損害と...

  • 裁判離婚裁判離婚

    裁判離婚とは、家庭裁判所に訴え判決を得ることで成立する離婚のことです。 ■離婚裁判の前に離婚調停を起こす必要がある 離婚裁判を起こすためには、少なくとも一度離婚調停を申し立てていなければなりま...

  • 高次脳機能障害高次脳機能障害

    「追突事故に遭い入院していたが、怪我が回復したため退院した。退院後もの覚えが悪くなったが、これは後遺症なのだろうか。」 「夫が交通事故に遭い、ようやく退院したが、怒りっぽい性格になってしまった。...

  • 遺言の効力遺言の効力

    遺言の方式は民法によって厳格に定められています。この方式に従わない場合には、遺言の効力は生じません(民法960条) ■遺言の方式が厳格である理由 なぜ、遺言の方式は厳格に定められているのでし...

  • 相続税相続税

    相続税とは、被相続人(亡くなった方)の財産を相続したときや、遺言によって財産を取得したときに納める税金をいいます。 ■相続税の期限 相続税の納付は、相続の開始があったことを知った日(通常の場...

  • 物損事故物損事故

    物損事故は、人が怪我をしなかった事故です。 物損事故には注意しなければならない点がいくつかあります。 ■物損事故には自賠法が適用されない 物損事故には、自賠法が適用されません。 自賠法とは、自...

  • 遺言遺言

    遺言とは、遺言者が死亡したあとのことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。 単独行為であるため、相手の同意は必要ありません。 遺言者は生前に自己の財産を自由に処...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続そのものを放棄し、一切の相続財産の承継を放棄すること、およびその意思表示をいいます。 相続放棄をした場合、被相続人(亡くなった方)の借金といったマイナスの財産はもちろん、被相...

弁護士 加島 光が提供する基礎知識

  • 弁護士特約とは

    弁護士特約とは

    「知り合いが交通事故の被害に遭い、示談交渉でもめているらしい。弁護...

  • 借金の相続

    借金の相続

    ■借金も相続の対象に入るのか 相続は「一切の権利義務」を承継する...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談交渉は、加害者と被害者の損害賠償の金額や支払い方法などについて...

  • 遺贈

    遺贈

    遺贈とは、遺言によって財産を無償で譲渡することをいいます。 遺言に...

  • 高次脳機能障害

    高次脳機能障害

    「追突事故に遭い入院していたが、怪我が回復したため退院した。退院後...

  • あま市の交通事故は弁護士にご相談ください

    あま市の交...

    IT技術の高度化により自動運転技術が開発されつつありますが、まだ実...

  • 追突事故

    追突事故

    「赤信号で停車中に、後続車に追突されてしまった。すでに示談を成立さ...

  • 相続と借金

    相続と借金

    相続は、「死亡によって」直ちに開始します。(民法882条) 相続...

  • クレーム対応手段

    クレーム対応手段

    繰り返し電話をしてくる。店舗や事務所に何度も訪れクレームをつけてく...

弁護士 加島 光の主な対応地域

愛知県名古屋市、あま市、津島市、愛西市、弥富市、海部郡大治町、蟹江町|岐阜県|三重県

ページトップへ